ラグ・カーペットの専門店 リビモネットはカーペット・ラグ・玄関マット等をメーカー直販。だからラグがお買い得、最短でお客様にお届けできます。

クッションフロア
ダイニングラグ
加工代無料敷き詰めカーペット
ペットのいる暮らしにおすすめラグ・カーペット
アトピー
○カレンダー

カーペット・ラグのお取り扱いについて

■ 折り畳みのカーペットは早めに広げて下さい

当店やお店で買ってきたカーペットは早めに広げてください。

特に、折畳カーペット(ラグ)と記載されている商品は早めに広げてください。 
折りたたんだままの状態で保管をしておくと、場合によってはしわの原因となります。

(商品仕様にある丸巻カーペット(ラグ)、折畳カーペット(ラグ)とは配送形状のことです。)
 

■ カーペットを置き敷きする時には滑り止めを付けて下さい

カーペットやラグを置き敷きでご使用になられる場合、滑ることがあり、転倒する可能性があります。 
特に木床などの滑りやすい床面で置き敷きする際には、滑り止めシート等を敷いてください。
 

■ カーペットの汚れには中性洗剤が最適です

カーペットやラグをお手入れをする際は中性洗剤をご使用ください。 
中性洗剤以外の洗剤を使用すると、カーペットやラグの毛(パイル)が変色・退色することがあります。

また汚れが付いた場合、ゴシゴシと布などで擦ると汚れが広がってしまうことがあります。


もしカーペットが汚れてしまった場合は、まず紙やタオルなどで毛足の上にのっている汚れをすくい取ってください。
大まかな汚れをを取り除いてから、軽く湿り気を与えたタオルなどで毛並みに沿って拭き取ります。

それでも落ちない場合は、中性洗剤を薄めた溶液にタオルを浸して汚れの部分を毛並みに沿って拭き取ります。
 

■ ひどい汚れがカーペットについた時は専門業者に持っていこう!  

ご自身でカーペットの汚れを落とそうとしても、落ちないひどい汚れもあります。
カーペットの汚れがどうしようもない場合はクリーニング店などの専門業者へ相談をしましょう。

擦りすぎて変色・退色することが無いようにしましょう。
 

■ カーペットも日よけをしましょう

カーペットやラグを日光が直接あたる場所でのご使用の場合は、カーペットの毛(パイル)が変色・退色をする可能性があります。
ひどい場合だと、カーペットに使われている接着剤のラテックスが劣化して、毛(パイル)が抜けることがあります。

カーテン・ブラインドなどで、日よけしてください。
 

■ カーペットに薬剤を直接ふりかけないで下さい

カーペットに防虫剤・殺虫剤・消毒剤などを直接散布すると、毛(パイル)が変色・退色することがあります。

もし使用する場合は、事前にテストをして問題のないことをお確かめ下さい。

 

■ カーペット購入したては、遊び毛が出てしまうことがあります。

ウールやアクリルなどの紡績糸を使用しているカーペットやラグは、購入をしてしばらくの間、遊び毛が出ることもあります。

ご購入の当初は掃除機を多めにかけて、遊び毛を吸い取ってください。
時間の経過と共に遊び毛も落ち着いてきます。
 

■ カーペットの普段のお手入れ方法 

こまめに掃除機をお掛けください。
汚れはカーペットの毛足の奥深く入り込み取れにくくなります。

できれば毎日、少なくとも1週間に一度ぐらいは毛並みに沿って丁寧に掃除機を掛けていただくことをおすすめします。

ただし、現在主流のタービンつきの掃除機は、長い毛足の場合に巻き込んだり、短い毛足でもカーペットを傷める原因にもなります。
タービンを回さずに掃除機をかけていただくとカーペットを傷めずに長くお使いいただけます。

掃除機をかけた後に汚れが残っている場合は雑巾がけも有効です。
中性洗剤を薄めた溶液にタオル・雑巾を浸し、よく絞ってから毛並みに沿って軽く 全体を拭いてください。

その後、必ず洗剤が残らないように水ぶき、乾拭きを良くして下さい。

 
※シルクなど水に弱い繊維もあります。その場合の雑巾がけはお避けください。 
繊維の種類とその特性はコチラをご覧ください。
↓ ↓ ↓